2019年11月17日

千曲川決壊でほくそ笑むのは誰か

「堤防決壊の真の犯人はだれか」大災害の背景を考える

2019年11月16日雑司ヶ谷
拓殖大学政治経済学部関良基教授

蓮舫の仕分けによって人々は被災したのか

 高尾で午前中に講義をしていた。いまは、コマ数を消化しなければならないため、大学の都合で休講にしてもその日の穴埋めを土日にしなければならない。学生も土日はバイトで大変である。され、高尾山は紅葉シーズンでものすごい人でバスが動かない。そこで、ギリギリとなりました。

Yanbadam.jpg さて、震災の度には「民主党が悪い」、「蓮舫が悪い」とツイッターで飛ぶ。本当にこれを信じる人が多い。マスコミの一部までそう信じて流している。例えば、フジテレビのホームページでは、平井文夫上席解説委員が「民主党政権のマニフェストどおりに八ツ場ダム工事を中止していたら、あの水が全て利根川に」「もし荒川が決壊したら東京の東部は甚大な被害を受けただろうが、あの地域を洪水から守ることができるのは、民主党政権の事業仕分けで中止を決めたスーパー堤防だけ」とコメントしている。

 つまり、水害の度にダムとスーパー堤防への礼賛が起り、仕分けたのが悪いとされる。

 民主党の通りに八ッ場ダムを廃止していたら大変なことになっていた。そして、守れるのはスーパー堤防だけであると。マスコミまでネトウヨかしたかと思う。だいたい批判者の正体はわかる。自民党は、ネット・サポーターを持っている。

 けれども、スーパーヒーローであると言われている八ツ場ダムだが、これは一晩で水が溜まっている。もし、これが利根川に流れていたらどうなるか。印象だけで語っていて数字が出ていない。

 実は八ッ場ダムから流れた水、利根川は下流の関宿で別れ、江戸川に流れるものと銚子に流れるものに別れる。利根川は、神流川があり、烏川があり、吾妻川があり、その上流に八ッ場ダムがある。八ッ場ダムの水が集めるのは全集水面積のわずか4.2%でしかない。

 そして、国土交通省のダム建設の理屈は、堤防があり、堤防ができたら「ここまで耐える」という破堤しないところを決めている。これを「計画高水流量」という。

 要するに、上流でダムを作れば、100年に1度の雨が来て、上流に10ものダムを作ればその水位が下がる。それができれば堤防が耐えるので200年に一度の洪水が大丈夫であるという論理である。

 けれども、いまは100年、200年に1回の雨が数年で来るのでそのことが絵に描いた餅になってしまっている。

堤防の構造は泥の塊〜もともと水が入れば壊れる

 それではなぜ、計画水量に堤防は耐えられないのか。堤防は土の塊である。水が浸透すれば壊れる。となれば、水が浸透しなければいい。けれども、遮水シートと護岸がされているのは、計画高水位までである。小さなモグラの穴があっても、そこに水が入れば壊れる。土の塊が壊れる。今回は130カ所で壊れているが、その8、9割は越流のためである。越流すれば土が水を吸って砕け散るからである。

 今回の堤防決壊もそれが一番多い。それではなぜ、土の塊なのか。土の塊での堤防を作ったのは中国の古代王朝だが、今は21世紀である。それから2000年も経つのになぜいまだに土のままなのか。なぜ、その構造を今も継承しているのか。

八ツ場ダムは今回の台風被害防止に寄与したとマスコミが印象づけている

Teruyuki-ShimazuS.jpg その前に今回の八ッ場ダムの活躍を見てみたい。東京科学研究所にいた嶋津暉之氏の試算結果によれば、利根川の中域域の危ないところ、久喜市の栗橋の観測地点では最高水位が9.67m。計画高水が9.9mであったので、ギリギリ大丈夫であった。もし、八ッ場ダムがなければ、例えば、10.9mになっていたとすれば、効果が大きかったと私も認める。けれども、実施にはダムによって下げられた水位はわずか17cm、0.17mである。となると、仮にダムがなかったとしても、最高水位は9.84mで計画高水以下である。となると、八ッ場ダムが救ったわけではない。

 けれども、国土交通省はネットの写真で印象だけを流布している。マスコミも、上流にある「八ッ場ダム群」が水位を1mも下げたと主張している。例えば、日経がそういうことを書いているのだが、「八ッ場ダム群」という言葉は私は聞いたことがない。そのような言葉を勝手に作り出している。

 さらに、八ッ場ダム群とは1兆円もの予算をかけている群馬県の上流にある7つである。それで1mということは、1mを7で割ればcmになってしまう。

 さらに、今回は八ツ場ダムは試験湛水中で、たまたまほぼ空っぽであった。貯水能力が高かったので7500万㎥を貯留できた。それでも17cmである。利水用に水が入っていたので、八ッ場ダムの貯水能力は6500万㎥である。そこに台風19号が襲来すれば緊急放流していたはずである。だから、偶然にすぎない。

 さらに、それとあわせて嶋津氏が指摘されているのは、砂が溜まって河床が上昇していることである。そこの掘削をやっていれば70cmは低下していた。八ッ場ダムの建設費は5700億円だが、この河床掘削になぜ経費を振り向けないのであろうか。

Chikumagawa.jpg もう少し、計画高水との関係を見ておくと、久喜市の栗橋は先ほど指摘したように、計画高水が9.9mで最高水位が9.67mであったが、多摩川は調布市の石原で計画高水が5.94m、最高水位が6.24mで越えていた。それに対して、これは、長野市の穂保地区の写真である。千曲川は目もあてられない。新幹線が水没し300億円がパーになった。中野市の立カ花は、計画高水位が10.75m、最高水位が12.44m。それも、長時間続いた。そのため耐えられずに崩れた。

 ということは、頑丈な堤防があれば耐えられた。ダムで防ぐよりも堤防を頑丈にしたら余裕ができるのではないだろうか。

信濃川では越流しても耐えられる堤防工事が始まっていたがキャリア官僚の命令でそれが中止させられた

 さて、いま見せしているのは、私がいま住んでいるのは浅川の支流だが、その堤防強化の説明資料である。この図でHWLとあるのが国土交通省の計画水量である。ここまでは護岸基礎工がしてある。けれども、「そこよりも上までブロックを張って欲しい」と言っても、「ここまでしかやってはいけない」となっているとしか応えられない。それから質問しても答えられない。現場の人も国土交通省からそのように指示されているため仕方がないのである。

 逆に言えば、計画高水位を超えると破堤するように堤防は設計されている。なぜ、耐えられないように設計されているのか。国土交通省のOBがそう考えたからという説がある。

 というのは、かつて、越流しても破堤しない、アーマーレビー堤防(鎧型堤防)というものが提案された。これは、完全に水が浸透しないようにするもので、上に土をかぶせると見栄えもさほど悪くない。

 よほど劣化しなければ越流して水が流れても土が壊れるはずがない。そこで、土木研究所が開発し、一部の河川で実施し、2000年にはその推進の姿勢を見せたのだが、2年後に突如として中止する。

Katsuyoshi-Shimazaki.jpg ここに、東京新聞の茨城版がある。ここに建設省の技術者であった81歳の石崎勝義さんの記事が掲載されている。当時、建設省は、設計指針の想定以上の雨があって防げるように「フロンティア堤防」の名称で頑丈な整備を始めた。全国で信濃川、那珂川等、計13カ所で整備をしていたのだが、2年後に突然中止された。

 ただの建設省のOBにすぎないが、近藤徹という元キャリア官僚が「ダムの妨げになる」として止めさせた。それ以前は、250kmもの計画が計画対象であった。もし、これをやっていたならば破堤していなかった。那珂川も千曲川も越水はしているが、越水と破堤とは違う。越水での被害はたかだか床上浸水程度であって、家が壊されることはない。

 よく、「蓮舫が止めさせた。前原が八ッ場ダムを止めさせた」と言われるが、これは20年前のことである。もし、これを20年やっていたならば、今回、130カ所の被害のうち、かなりが救われていると私は思う。

30年前に加古川で試験的に導入されたアーマーレビー工法の堤防は無傷
〜日本で開発された低コストの技術を米国は活用するも国交省は認めない

2019111701.jpg 実は、兵庫県の加古川下流で試験的にやられている。看板を見れば、30年前に建設されていることがわかる。そして、H16年に「計画高水」を超えたが、堤防の被災は皆無で、補修工事の必要もなく無傷であった。けれども、国土交通省はその後は、一切やっていない。

Takashi-Okuma.jpg また、フロンティア堤防の事例としては、インプラント工法もある。これは、鉄の板を打ち込むもので、さらに、新潟大学の大熊孝教授はTRD工法も提唱されている。ソイルセメント(砂とセメントの混合物)を堤防の中に注入していくもので、TDR壁が破堤を妨げる壁となる。これはかなりコスト的に安く、米国においては導入されている。もともと日本で開発された技術なのだが国土交通省のキャリア官僚によって止めさせられた。

あえて壊れる堤防を作り続けている国土交通省の罪は問われない?

 ここからわかってくることは、堤防は破堤されるように作ってあるということである。国土交通省の基本方針とは上流にダム群を建設することによって、200年に1度の豪雨があっても、計画高水位以下に下げるというものである。この国土交通省の水位を下げるという理屈によれば、今後も、利根川では10ものダムが建設できることになる。

 本質的な問題とは、計画高水位に達すると破堤するような堤防を放置し続けることなのではないではないだろうか。ネトウヨはそれを批判すべきではないかだろうか。「住民の安全をおろそかにした民主党政権」と批判されているが、民主党が政権を担っていたのはわずか3年だけである。なぜ、それ以降も130も壊れるのか。これは、国土交通省の責任だとしてネトウヨは叩くべきはないだろうか。

 また、国土交通省は、「越流しても破堤しない堤防はスーパー堤防だけである」とネット上で情報を発信している。これが、公式見解である。

 事実、スーパー堤防は江戸川の河口で実施されていれる。これは堤防の高さを30倍にもするもので、家を一度立ち退いてもらい、再移住させるものである。このスーパー堤防では100m幅で50億円がかかるのだが、アーマーレビー工法ではこの100分の1の5000万円ですむ。また、スーパー堤防は水害ではいいとしても地震でも壊れるリスクがある。また、現実には、盛土の下にがれきも入れているという。となれば、強度も保てていない。そして、これほど膨大な泥をどこから持ってくるのか。山を崩すことになる。

 つまり、「スーパー堤防を潰した連坊がいけない」と言われているのだが、100分の1のコストでできる工法があるのである。別に私は民主党政権がすべて良かったとは思っていない。つまり、スーパー堤防のようなものではなく、アーマーレビー工法での堤防を作るべきであると提唱すべきであった。つまり、あの人たちも反省すべきことはある。統治能力がないし、政権をとる能力がなかったと思っている。

越流しても壊れない堤防が技術的に不可能とした土木学会

Tadashi-Yamada.jpg さて、このことに理論的根拠を与えたのが、2008年の日本土木学会である。この学者、「耐越水堤防整備の技術的な実現性検討委員会」の委員長、中央大学理工学部の山田正教授、岐阜大学の宇野尚雄名誉教授、岐阜大学の藤田祐一郎教授、名古屋大学大学院の辻本哲郎教授、京都大学の防災研究所の中川一教授、岡山大学大学院の西垣誠教授、群馬大学の清水義彦准教授が、耐越水堤防を止めるように勧告した。その理由は「現状では、計画高水位以下で求められる安全性と同等の安全性を有する構築物、すなわち、耐越水堤防とすることは、現状では技術的に困難である。その設計技術は現状では確立されていない」というものである。この見解ははたして正しいのであろうか。

 実は、見事な御用学者の文書である。正しいが間違っている。なぜか。例えば「同等の安全線」という基準を勝手に作っている。誰も、そんなものは求めてはいない。論理的に100%安全なものは作れない。とはいえ、この論理によって止めた。

 この技術委員長の山田正教授は、今回の水害でも「堤防が弱い」「堤防の幅を広くしろ」と言っている。それしか知恵がないのかと。つまり、反省の色がない。要するに、耐越水堤防を仕分けたのがこれら国土交通省の御用学者たちである。ネトウヨは彼らを叩くべきである。

 実は、私はもともと森林の保水機能を研究している。そこで「緑のダム」を提唱しているのが、「そんなものは幻だ」と山田正教授からは言われた。森林の保水機能を高めていくと水は保水できるし、水田もきちんと整備すればいいのだが、それもダメだと言っている。

ダムの費用対効果を高く見せるには被災した方が良い

 さて、国土交通省の官僚、宮本博司氏は、「計画高水までは遮水し、護岸ブロックで破堤しないように対策し、計画高水を越えると簡単に破堤するようにしておく」と述べている。なぜか。ダムの費用対効果を高く見せるためである。これこそ、チコちゃんでやってもらいたい(会場)。

 つまり、財務省が費用対効果が求めてくる。費用対効果が1を上回らないと公共事業をやってはダメだとなっている。そこで、費用が500億円だと効果が700億円以上、1.4倍程度はないとダメである。それには、破堤して700億円程度の被害が出てくれるといい。越流しただけであると被害は10億円ですんでしまう。したがって、キャリア官僚からすれば、破堤してくれないとむしろ困るのである。そうすれば、ダムの事業効果は1を超える。

 こういう恐ろしい理屈でキャリア官僚たちは動いている。宮本氏はその中にいる人物だから知っている。考えた当事者の一人だからわかっている。タイガーマスクとして虎の穴を裏切った伊達直人、ショッカーを裏切った仮面ライダーのようではないか。要するに、この理屈は財務省を説得するために作られたのである。

間抜けな県庁の役人は馬鹿正直だが霞ヶ関のキャリア官僚はそれほど愚かではない

 実際に、元建設省土木研究所の石崎勝義氏はこういう見解を述べられている。

「国土交通省が堤防を決壊しやすい状態のまま放置している理由は、国土交通省の予算が大きく『社会保障費に回せ』という圧力が高いからである。けれども、堤防が決壊すれば、それを跳ね返して予算を確保することができる。つまり、国土交通省の役人は今回のように決壊するのが都合がいいと思っている」

 実際、今回の惨事に便乗して、自民党のネットサポーターズ・クラブは、政権を安定化させることができ、国土交通省も大万歳である。まさに、ナオミ・クラインの言う「ショックドクトリン」である。新自由主義を導入するときには経済危機を起こしてパニックを起こす。そして、全く嘘なのだが、新自由主義へと行かせてしまう。こうして、災害を起こすたびに予算を獲得できる。

 いま長崎県では石木ダム建設で揺れている。長崎県の河川課長は10月30日につい本音で「災害は追い風」と言ってしまった。後で、陳謝していたが、国交交通省の官僚はもっとガードが高いからこのような愚かな発言は思っていたとしてもおくびにも出さない。

 2018年7月7日の西日本豪雨では、愛媛県肘川上流の鹿野川ダム、野村ダムが緊急放流した。西予市の野村ダムが夜中に放流。下流の大洲市の鹿野川ダムが朝の6時に緊急放流し、逃げ遅れた住民が8名死亡した。もし、ダムがなければ水位が高まり「もう逃げよう」と早めに逃げることになる。しかし、安心していたところでいきなりきた。これは、自然の流れではない。

 2015年には鬼怒川も破堤した。これを受けて国土交通省は何をやったか。堤防の裏の裏面にコンクリートを張り、危機管理型ハードとした。けれども、やはり土のままにしておいた。2018年7月7日の倉敷市真備町は長時間越流してバックウォーターで被害がでた。破堤した。結局、土が長時間露出されていればダメなのである。

マスコミとネトウヨの言説によって民主主義が実現されずにいる

 次に国土交通省のダム予算をみていただきたい。民主党政権時にこそカットされたが、安倍政権になってV字回復。いまはダムに年間で2400億円が投じられているが、これを使えば、年間500kmもの耐越流堤防を整備できる。これを作るのと、いったいどちらが住民の安全性を高めるのか。

 大学の授業で学生たちに聞いてみた。5000億円で八ツ場ダムを建設する。利根川中流では17cmほど水位が低下する。けれども、計画高水を越えてしまえれば破堤の可能性があり、ダムの治水容量を越える降雨では緊急放流するしかない。もうひとつは、5000億円で1000kmのふつうの堤防を耐越水堤防に強化する。水位は下がらないが、たとえ越水が発生しても破堤のリスクは低減される。

 後者の方が、安全度はかなり高まるのである。例えば、多摩川の下流7kmをスーパー堤防化する計画がある。これは3500億円かかる。この予算があれば700kmの堤防が耐越水堤防にできる。多摩川は全長138kmだから支流を含めてもお釣りがくる。

 実は、学生たちには授業で八ッ場ダムを批判していたのだが、その学生たちですら今回は「やはり八ツ場ダムが大事だ」と言っていた。それほどネットの力は強いし、八ッ場ダムが首都圏を救ったと思われている。誰もが蓮舫が悪いと思っている。私がこのようなことを言っても、圧倒的な自民党の情報発信の力に比べれば1000分の1で焼け石に水なのだが、それでも拡散していただけると嬉しい。

 本来の選択の判断をするのは、国民である。けれども、日本では、官僚と御用学者が判断している。そして、御用学者は本当に悪い。大学の業界を見ていて本当に絶望をする。

本来の治水は400年前の武田信玄の治水対策にあり

Shingen-Takeda.jpg ネットで「アーマーレビー」を検索しても石崎さんの個人のホームページくらいしか出てこない。国土交通省からは全部情報が消されている。かつては広がったが2002年に凍結してから出てこない。過去はなかったことにしてしまう。そこで、誰もがスーパー堤防しかないと思ってしまう。その情報操作は素晴らしい。今すぐ、過去のアーマーレビーを復活して早急に整備すべきである。

 そして、未来の治水は400年前の思想にあり、ということで、武田信玄の治水対策を紹介したい。

 いまの状況は、気候変動ではなく、クライメート・クライシスと呼ぶべきものである。水害が来れば緊急放流に至ることが多い。

 さて、新潟大学の大熊孝氏によれば、信玄堤は「霞堤」である。市街地を守るために釜無川で上流の水源地帯に水を集めさせ、逆八の字型で水を意図的に溢れさせる。そして、そこには、水害防備林があり、さらに、水害が起こりやすいところに居住する際には、そのリスクを知ったうえで住んで欲しいと諸役を免除していた。水に浸かるので保証を与えインセンティブを与えていた。この溢れさえることはよかった。河川で流れた泥で土壌が肥沃となり収量が増えたりするからである。つまり、いまの堤防では国土の安全は守れない。霞堤。越流させることがこれからは必要である。

質疑応答

会場 ダムが作られるには、利権もあると思うのだが。

関教授 別のパワーポイントの資料で八ッ場ダム利権の話をしたい。民主党政権時代に、共産党の塩川鉄也議員が関連企業への天下りを調べているのだが、2004〜2011年で、ダム関連の公共法人に (財)ダム水源地環境整備センター25人が天下りしている。(社)関東建設弘済会は25人。コンサルタント会社、地質コンサルタント等企業へは合計で79人が天下りしている。また、中之条元町長には765万円、群馬県選出の国会議員小渕優子には108万円、中曽根は604万円等が献金されている。

Tooru-Kondo.jpg 近藤徹氏は昭和34年に東大工学部土木工学科卒で、河川局長を経て建設技監と技術官僚のトップに立った人物だが、平成5年に退職している。その後、平成6年に天下ったのが環境整備センターの理事長で、平成8年には水資源開発公団の総裁。平成15年には独立行政法人の理事長。平成16年は東北電力の常任顧問。水力発電のダムの専門家として平成16年には(財)水資源協会理事長となっている。平成18年からは(社)河川協会の会長で、平成21〜22年には日本土木学会の会長になっている。土木学会はここまで腐っている。その学会で何かを言えば村八分にされる。土木学会では口がさけても言わない。まさに、皇帝である。ちなみ、耐越水堤防は利権にならない。ダムの方がこれから400年も整備できる。つまり、ダムができるのは利権の関係である。

ダムの寿命から撤去する時代に

会場 ダムの寿命はどれだけもつのか。

関教授 実は米国のダムは決壊の危機にある。2015年にサウスカロライナ水害で18の小規模ダムが決壊し19人が死亡し、2017年2月にはカリフォルニア州のオロビル・ダムが決壊し、放水路に穴が開いて20万人が緊急避難した。

 米国では2000基ものダムに決壊のリスクがあり、監視対象となっている。米国ではすでに撤去が始まっている。日本では熊本県の荒瀬ダムが実験として撤去されたが、米国ではかなり乱暴に撤去している。

 日本もダムが決壊したらとんでもない。人事ではない。緊急放流しなければ決壊する可能性が十分にある。

会場 愛媛県松山市では緊急放流して死者が出たが、今年も神奈川でもやるという。どうも傲慢である。事前放流が必要なのだろうが、取水権者がいるのでダメだといわれている。この取水権者というのは誰か。自治体か。

関教授 河川法52条では事前放流をしていいことになっているが、やった試しがない。国土交通省が大臣判断でやることはやっていいのだが、それは、これまでこのような緊急事態に直面したことがなかったからである。

会場 テレビのコメントでは下流の水利権者がいけないと言っていたが。

関教授 それはおそらく御用学者がそう言わしているのであろう。これからは、命を守るためにダムを空にしておくので、節水しておく時代になる。例えば、お風呂を我慢してということに納得するであろう。

森林があれば20%、6つのダム7%よりも保水できている

会場 先生が土木学会から批判されたという森林がダムになるという話を詳しく聞かせて欲しい。

関教授 私は森林が専門である。例えば、利根川上流の1947年の榛名湖の北側をこれは米軍が撮った写真だが完全に禿山である。これに対して、今の方がはるかに保水力がいい。このときにはカスリーン台風が襲来して、3000人が死んでいるの。さて、当時と比べれば森林が出来ているので、被害が減るはずなのだが、国土交通省は違わないと言っている。

 国土交通省は1998年に洪水をモデル化している。雨が降るときにどうなるかを試算してピッタリ合っていると言っている。この白いグラフは1950年代のデータから計算したものだという。そこで、私は裁判をしたので、計算をしてみたら嘘であった。1950年代の山のままであればこれだけの水が流れる。それに対していまは20%は下がっていると。それに対して、6つのダムでどれだけ水位を下げているのかというと7%ぐらいは下げている。森林は20%。産経新聞も7つのダムで1mと言っているのだが、㎝メートル単位では苦しいからであろう。

会場 樹種はどうであろうか。

関教授 針葉樹はダメである。杉檜に変えてきたが、ブナの森の方が保水力は高い。土壌の状態が違う。針葉樹では土がカチカチだが、ブナ、楢では落ち葉が美味しいため、土壌動物が繁殖し、ふかふかとなっている。針葉樹ではさほど水はたまらない。これを林学者が認めないのは、自分たちが悪かったことを認めないのであって卑怯である。

会場 どの程度、違うのか。

関教授 土壌の隙間が全然違う。針葉樹の葉は虫が全然食べない。

水田にも貯水効果がある

会場 水田の貯水効果はどれだけあるのだろうか。

関教授 今、新潟県では田んぼダムをやっている。畦畔に調整版を作って出ていく水を絞る。例えば、0.01㎥/時間しか出ないように狭くすると、水田に水が蓄えられる。新潟県では実際に田んぼダムを流域治水対策としてやっている。これを全部の水田でやるとどうなるか。例えば、八ッ場ダムではピーク流量のカットは平均で2.7%だが、これだけの山間地でも水田が流域に面積で3.5%もある。ここが平均80%の降雨流量をカットすると2.8%のピークをカットできる。つまり、水田が少ないところでも、ダムに匹敵する。そして、この工事費八ツ場ダムと比べて1億円もかからない。

会場 稲が水没しても駄目になるのではないか。

関教授 台風のシーズンの秋は稲穂が育っているし、畦畔までは30cm程度なので死なない。

会場 江戸川区のハザードマップを見ると被害が大きい。海に近いし高潮はどうか。

関教授 高潮は怖い。

会場 ショック・ドクトリンの話があったが、行政が作っているハザード・マップを本当に信じていいのであろうか。意図的に彼らはマップを作っているのではないか。例えば、高潮を想定してあるのだろうか。

関教授 荒川と江戸川でのスーパー堤防は30万人を移住させる100年事業だがハザード・マップでは高潮は想定していない。

会場 地下鉄はなぜ大丈夫だったのだろうか。

関教授 本当に水が来たら駄目であった。

会場 地下鉄のところに水を全部いれたら洪水がある程度防げるのであろうか。

関教授 地下鉄は量的にたいした空間ではないので、そこに浸水させてもたかがしれている。

会場 先ほどの先生のインプラントとアーマーの組み合わせた事例は諸外国ではあるのだろうか。それをしたらどのような効果があるのだろうか。

関教授 私が知る限りやった例はない。ただし、一緒にやったら本当に効果があると思う。

会場 スーパー堤防の予算はどう見たらいいのか。

関教授 都市の再整備もあり、ものすごい利権の巣窟なので全体像はなかなか掴めない。また、治水にかこつけた再開発を一番やりたいのではないか。

会場 先ほど、キャサリーン台風のときの写真で榛名山がでてきたが、なぜ禿山になったのだろうか。

関教授 昔は薪炭林として活用されたからである。石油がないときには山がエネルギー源だったからである。

会場 足尾銅山は鉱毒で禿げ山になったと聞いているが、今は元に戻ったのだろうか。

関教授 まだ完全には戻っていない。

会場 僕は埼玉県から来たが、武甲山も石灰採掘で荒れている。

会場 まことしやかな噂だが、武蔵小杉が被害を受けたのは堤防に反対したからだと聞いているがどうなのか。

関教授 真相は私にもわからない。反対運動をやっているプロ市民を叩けという動きがあると思う。

御用学者にならないには政府からマネーをもらわないことが大切

会場 先生は御用学者を批判されていたが、そうならないためにはどうしたらいいのだろうか。

関教授 文部科学省から金をもらわないことだ。だから、歴史の研究をしている。それであれば、図書館にいくだけでかなりのことができる。文系は救われます。工学部や農学部はバックに産業がついている。農学部は農薬メーカーがいるし、薬学部も厚生労働省とくっついている。比較的、産業界のバックが少ないのは理学部。工学部、農学部、医学部、薬学部は駄目です。その意味で、文系が御用学者になるのはとんでもないことだ。

台風は陰謀説ではなく地球が温暖化したため

会場 千葉からきた。台風15号で変なものを感じた。千葉はずっとなぎの状態であったのに夜中にいきなり雨風が来た。子どもの頃に体験していた台風とはまったく違う。雲を見ていてもケムトレイが蒔かれているのではないかと思うし、柏市には国の気象大学校がある。今回の台風は人工台風ではないだろうか。

関教授 単純に地球が温暖化したからです。ピンフォール効果がある。海水温度が2℃違えば、明らかに違う。つまり、今回のは気候変動です。

砂防ダムをどう考えるのか

会場 天竜川の中流出身だが、砂防ダムが大量の中小河川にある。これはどう考えるか。

関教授 砂防ダムでせき止められ砂が下流に行かなくなるので、国土が狭くなる。河床に砂が溜まると水が流れる量が減る。土石流を止める効果はありますが、国土が狭くなる。つまり、プラスマイナスがある。

会場 美和ダム(長野県伊那市にあるダム)はほとんど埋まっている。

関教授 流すものは流す。さらに掘削はしたほうがいいですね。ダムを国が壊して土砂をのける。そういうことに金をつけたいと思います。

編集後記

 種子法廃止、種苗法改正、ゲノム編集、消費税値上げとあまりにも時代の動きが早すぎてついていけないのだが、個人的に少しでもフォローしたいと思っている。で、昨日は雑司ケ谷で関教授の話を聞いた。日消連のゲノム編集の講演もあるのだけれども、同じ時間には、第2回「種子法の廃止と遺伝子組み換え・ゲノム編集について考える」で科学ジャーナリスト、天笠啓祐氏のゲノム編集のレクチャーがあり、これはこれで大事なのだけれども、関教授の講演の方を優先した。千曲川の決壊を間近に目にしたものとしては、こちらの方が身に迫る。そして、大きく見れば、根は同じなのだと持っている。

 草の実アカデミーという団体は知らなかったし、初参加でもあったのだが、関教授は上田市ご出身ということもあって、長野県にも関心を抱いておられた。そこで、懇親会にもずうずうしく参加させていただき、上田出身の幕末の偉人、赤松小三郎や現在執筆中の新刊のお話等、なかなか他では聞けないエピソードもお聞かせいただいてしまった。

 もちろん、現状は厳しい。そして、一級河川は国の所管である。とはいえ、二級河川都道府県の管理下なのだと言う。そして、関教授によれば、長野県の阿倍守一知事は全国的にもみても最も健全な立派な知事であるという。そこで、千曲川の決壊という惨事を経験した長野県の県民から声をあげ、県が中心となって二級河川で「耐越流工事」を行うことから、県民の命を救うことを始めてくれないかと逆に示唆をいただいてしまった。確かに、コストも安い。これこそが国土強靭化であろう。

「ただ、その際に鍵となるのが信濃毎日新聞です。信濃毎日新聞ですら、今回の惨事は防げなかったと書いてしまっている。信毎が私が今日話したようなことをきちんと伝えてくれれば県民の意識もずいぶんと変わるはずなのです」

 信濃毎日新聞というのは長野県のローカル新聞である。上田高校ご出身の関教授は、信濃毎日新聞に目を通されていた。その意味で、ネトウヨに負けることなく、正しい情報を発信し、知的劣化を防ぐことの大切さを改めて強調された。

 なお、上記の議事録は会場で私がパソコンで叩いたものである。主催者の草の実アカデミーがさっそく動画をアップしている。関心をいだかれた方は、以下のサイトから講演と質疑応答を見ることができる。是非、ご確認いただきたい。

「堤防決壊の真の犯人はだれか」大災害の背景を考える~基調講演の動画
「スーパー堤防を仕分けた蓮舫が悪い!」はデマ!スーパー堤防への期待は、惨事便乗型の利権獲得戦略〜質疑応答の動画

2019年11月17日(投稿)
【画像】
八ッ場ダムの画像はダムを賞賛するこのサイトより
千曲川が決壊した長野穂保地区の写真はこのサイトより
関良基教授の画像はこのサイトより
嶋津暉之氏の画像はこのサイトより
石崎勝義元長崎大学教授及びダム決壊のイメージ画像は、東京新聞の記事のサイトより
山田正教授の画像はこのサイトより
大熊孝新潟大学名誉教授の画像はこのサイトより
近藤徹氏の画像はこのサイトより
武田信玄の画像はこのサイトより


posted by José Mujica at 09:15| Comment(0) | 講演・学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください